スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

馬鹿でもよくわかる政治・リターンズ 

小泉:いやー、こうやって長い間政治家続けちゃってもさ、いざ辞めるとなれば、けっこうスッキリしちゃうもんだよね。

福田:そんなものですかね。

小泉:そんなものだよ。それにな、いろいろと見えてくるものもある。あの決断以来、俺はあることをはっきりと自覚した。

福田:何です?

小泉:俺がこの世で最も嫌いなものは、70過ぎてもなお議員バッヂにしがみつく見苦しい禿である。

福田:大きなお世話ですよ!

小泉:“老害”とはよく言ったものであるね。

福田:うるさいですよ。

小泉:寂しい頭しやがってこれからどこ目指そうってんだ。もう登る頂点なんかねえだろ。こたつミカンで猫でも抱えて余生を過ごせ。

福田:さっきから何なんですか!私にはまだやることがたくさんあるんです。だいたい70過ぎの政治家なんていくらでもいるじゃないですか。石原さんだってそうでしょ。

小泉:誰?

福田:石原慎太郎ですよ。

小泉:そんな奴は知らねえ。

福田:知らないわけないでしょ!

小泉:はっはっはっは。

福田:何を笑ってるんですか。ちっとも面白くありませんよ。

小泉:ハッハッハッハ。

福田:カタカナに変えても同じですから。

小泉:Ha ha ha ha!!

福田:笑い方の問題じゃありません!ブッシュ笑いも無用ですから!

小泉:この矮小なる者め、この場で石原を引き合いに出すとはまったくなんと図々しい禿か。あのな、石原は今この瞬間も都政を預かる大事な身なんだよ。お前なんかもう預かるもんなんか何もねえだろ。完全に出涸らし議員だな。民宿の貧乏茶。茶の名を騙るお湯。

福田:失礼なこと言わないでくださいよ!

小泉:退きの美学なんてものはお前にはわかるまいて。いいんですよ、続けたいんならそのまま延々と続けていればよろしい。まあ、せいぜいがんばってくださいよ。せいぜい(笑)。

福田:とことん嫌な人ですねあなたは!だいたいですね、潔く辞めるからって偉そうにしてますけど、あなただって批判されてますよ。進二郎さんに地盤引き継がせたでしょ。あれはあなたらしくない世襲政治だと言う人も少なからずいるんですからね!

小泉:ああ、その件についてはだな、俺にも弁明の余地はくれ。ひとつ言わなくてはならんことがある。

福田:何です?

小泉:俺が彼を後継者に指名したことについて、それを世襲政治であるという声が出ているのは知っている。

福田:はい。

小泉:でもね…。

福田:はい。

小泉:俺に子どもはいないんだよね。

福田:いるでしょ!!

小泉:もちろん、彼が小さい頃から知ってはいるんだけどね。

福田:だからあなたの息子さんでしょ!

小泉:知らんね。私はあなたとは違うんです。

福田:どさくさに紛れて「私の忘れたい台詞その2」を言うのはやめてください!

小泉:野球の話しようぜ。

福田:またそうやってごまかす!

小泉:何を言ってるんですか。目下の注目事案は野球ですよ。野球。ベースボール♪

福田:どうでもいいですよ。

小泉:元西武ライオンズのブコビッチは今どこで何をしているのだろう。

福田:知りませんよ。

小泉:三振かホームランだったよね。

福田:だから知りませんって!

小泉:おおそうだ、ブコビッチで思い出した。アメリカ大統領選挙があるんだっけね。

福田:ええ。今頃各所で投票やってる最中でしょう。あなたの仲良しさんだったブッシュさんも、いよいよホワイトハウスとお別れというわけです。

小泉:クックックック…。あいつは俺のことを友だちだなんて思ってたのか。

福田:何で今さらそんなこと言うんですか!

小泉:俺に友はいねえ。仲間もいねえ。いるのは敵と手下だけだ。

福田:そういうことを言うのはおやめなさいよ。

小泉:黙れ手下。

福田:何なんですかあなたは!

小泉:まあいいや。で、どうなの?下馬評通りになりそうかね?

福田:うーん、報道で言われるほどの差は付かないのではないかとも思うのですが、最終的には…。

小泉:ノッチが大統領になってしまうのか。アメリカは終わったな…。

福田:誰が大統領になるんですか!ノッチは顔が似ているだけの便乗芸人でしょ!

小泉:MCハマーだって最終的にはコント赤信号の小宮に乗っ取られちゃったんだぜ。今思えばMCコミヤというのはすごい着想だったよな。

福田:ちっともすごくないし、乗っ取られてないし、大統領選とはまったく関係ないでしょ。

小泉:ビヨンセは大丈夫かな。

福田:知りませんよ!

小泉:しかしマケイン翁も途中盛り返したのになあ。何で失速しちゃったかね。

福田:ここにきての金融危機やらそれに絡む経済不安やら、要因はいろいろあるんでしょうが、結果的に副大統領の選定ミスというのも痛かったのではないですかね。…ペイリン女史のことですが。

小泉:ああ、「アラスカの牧場」と呼ばれる女性だね?

福田:誰がそんなこと言ってるんですか。

小泉:エスキモーの胃袋並みの女性らしいね。

福田:喩えの意味がわかりませんよ!

小泉:俺様は比喩の天才だな。

福田:勝手な通り名付けて何を自画自賛してるんですか。迷惑ですよ。

小泉:お前はそうだな、「群馬の貧乏風」ってとこですかね。あるいは「陰気の伏魔殿」。

福田:今すぐバッヂ外せコラ。

スポンサーサイト

日本人のための童話集 「町と動物園」 

前回の「韓国暴動史」に次ぐ、“某三国チャット京城部屋の者どもPresents”の第二弾が完成いたしました。
今回もまたなかなかのご好評いただいておりますようで、作った者としては大変喜ばしい限りでございます。
とはいえ、これはfeti虎教授やjunchanの存在なしには成し得なかった作品であるわけですが。
何はともあれ、未見の方は冷めぬうちにご賞味くださいませ。そして、このことを心のどこかに留め置き、語り継いでいきましょう。

日本人のための童話集 「町と動物園」



原作/fetia (月見櫓・2008年10月15日付エントリー、「町と動物園」より)
企画・監修/junchan
構成・編集/私

バカ田大学に入学できない件 

またもや不合格にて現在2浪中

大変屈辱である。

母親が亡くなってから一週間が経ちました。 

よし、バンガロー。

新聞記者帰還したかったの(BlogPet) 

きょうぎ兎は、新聞記者帰還したかったの♪

*このエントリは、ブログペットの「ぎ兎」が書きました。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。