スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

きのうleftyで(BlogPet) 

きのうleftyで、問答すればよかった?


*このエントリは、ブログペットの「ぎ兎」が書きました。

スポンサーサイト

Guicho Zurdo:千年帝国の野望~「Hearts of Iron・Ⅱ」のリプレイ(その14) 

経過はコチラ


スクラップ&スクラップ~2007年4月29日(黒猫暦:2007年4月22日

三度目のノックにも応じない総統閣下を不審に思ったゴルビ犬は、総統執務室の重い扉を恐る恐る開くのだった。部屋の明かりと仄かに熱気を帯びた空気が中から漏れ、それと同時に何やら金属的な薄い音色が流れて来た。いつにない雰囲気に犬は眉をひそめつつ、その異空間へと足を踏み入れた。見れば、ぎ印ドイツ帝国総統Guicho Zurdoはごついヘッドフォンをし、奇妙な形のギターを手に何やらピロピロ弾いている最中であった。
これでは聞こえんわけだ。ゴルビ犬は首を振り振り室内へと身体を滑り込ませた。偉大なる総統閣下は演奏に没頭し、入室者の存在にまるで気づかない。やむなしにゴルビ犬は執務室の扉を勢いよく閉めるのだった。屋内の淀んだ空気が揺らめき、モニターの上にぞんざいに置かれたSteinbergerの弦の袋がバラバラと床に落ちた。
ここでようやくGuicho Zurdoは異変に気づき、犬の存在を見て取るとヘッドフォンを外し、ピックを持ったまま「よう」と手を挙げた。ゴルビ犬はギターを抱えた見慣れぬ総統閣下の姿をしげしげと眺めやった。
「とうに引退されたと思ってましたが。今は撮影がメインと」
偉大なる総統閣下はヘッドフォンの圧迫で痛んだ耳を撫でつつ、にやりとした。
「わしのわらじは二足では収まらんのじゃ。で、音楽戦線にも晴れて本格復帰じゃ。弦は張り替え、エフェクターも新調し、ひとりレコーディング・システムも構築。これで安心、多い日も安心」
ゴルビ犬はぶっきらぼうな形の黒いギターから伸びるケーブルを辿った。それは床に置かれた、スイッチやらペダルやらランプやらが搭載された謎のプレートに繋がっており、さらにそこからはUSBケーブルが伸び、卓上のPCへと繋がっている。それは犬もはじめて見る代物であった。Vistaで新機を組んだとは聞いていたが、このためだったのか。かつてゲームをやるためにPCを組んでいた男が、今や音楽をやるためにPCを組み上げようとは。振り子のブレが大きいにも程があろうに…。
…待てよ。ということは。
急に不安に駆られたゴルビ犬は総統閣下に尋ねた。
「音楽も結構ですが閣下、リプレイの方はどうなっておりましょうか?かなり日が開いておりますが。トロピコの方も『建設予定地』の看板のままです。それ以前にここ2週間余、エントリーそのものが打率低下著しい状況下にあります。安定して上梓するは『Blogpet』だけというのは如何なものかと」
総統閣下は肩をすくめ、弦痕の刻まれた右手の指先を弄んだ。
「わしは今忙しいんじゃ」
「そうは言っても熱心な読者もおられるわけですし、そろそろ動かれた方が…」
「わかっとるよ。それはわしがいちばんよくわかっとる。書かぬとは誰も言っとらんわい」
「では、リプレイは近いうちに再開という認識でよろしいでしょうか?」
「トロピコもあるんだよなー」
「それも含めて近日再開という認識でよろしいですか?」
「うん。まあ、そんなとこだね。うん」
ゴルビ犬はそんな総統閣下の様子に何か違和感を覚えた。興味のベクトル以外の事象にはまるで関心を示さないのは前から知っている。しかし、犬の敏感な鼻はそれとは違う“何か”を総統閣下から嗅ぎ取っていた。
その違和感の正体を探るべく、ゴルビ犬は水を向けてみた。
「閣下、黒猫の動向ですが…」
「あとでいいよ」
おかしい。やはり何かがおかしい。
「いえ閣下、極めて重要なお知らせがあるのです」
「なんだね」
Guicho Zurdoは心ここにあらずという風であった。しかしそれは音楽に集中したいがゆえとはまた違う理由であろうことを犬は感じていた。いったい何だろう。ゴルビ犬は総統閣下を注意深く観察しながら言葉を継いだ。
「閣下、彼奴はまたセーブデータを破壊したのです。全部パアです。また最初からやり直しです。馬鹿過ぎます」
総統閣下は怒るでなし驚くでなし、ギターのトーンを弄りながらのんびりと言った。
「知っとるよ。大変だねえ」
「…まるで他人事ですな。何も意見表明されないので?」
「意見も何も、壊れてしまったものは仕方あるまい。わしが怒ったところでどうにもならんし、どのみち向こうの世界の話じゃ。わしには関係ないわい」
「彼奴の下手打ちのせいで歴史が微妙に変わっております。おかげでこちらの話とリンクした箇所も意味を成さなくなりました。関係ないで済ますわけにはいかぬと思いますが?」
「まあ、長いこと続けてりゃそういうこともあるさね」
ゴルビ犬は目を細めた。この偉大なる男はいったい何を隠しているのだろう。
「閣下、彼奴は生意気にもMODなんぞに手を出し、素人の分際でデータを弄ろうと目論み失敗したのです。閣下が大昔作られたMOHAAの『lefty's mod1.7』でも送りつけてやりましょう。『小僧、これ見て学習せい』と一文も添えて」
「まあまあ、人間誰しも間違いはある。いいじゃないか」
犬の目はさらに細くなった。
「…閣下、今日はやけに寛大ですな」
「前からそうだよ。実はわしは猫が大好きなんじゃ。ここで飼ってるのはなぜかウサギだけどな。世の中ってわからんねえ」
いよいよ怪しい。ゴルビ犬は総統閣下の秘密の内堀に踏み込むことを決意した。
「ところで閣下、ダルエスサラームに待機してる軍団の展開先ですが、もう決定されたので?」
「まだだね」
「ずいぶん長くに待機させてます。そろそろご決断すべき頃合いかと。…して、どちらへ?妥当なところでオーストラリアでも?」
「や、それは当分先の話になるかな。まあそんなに急ぐこともあるまいて」
「おかしいですな。先手必勝&電撃作戦が旨の閣下がなぜにそのような悠長なことを?」
偉大なる総統閣下はその質問には答えず、代わりにサングラスをかけ、ヘッドフォンを着けた。そしてやおら虚空を向くと、ポリスの「ロクサーヌ」を朗々と歌いはじめるのだった。今や疑念が確信に変わったゴルビ犬は総統閣下の片方の耳パッドを勢いよく持ち上げると、否が応でも聞こえるよう耳元で尋ねた。
「単刀直入にお伺いします。閣下、セーブデータを拝見したいのですが」
「はっはっはっは」
「閣下、セーブデータを見せていただけませんか?」
「うわっはっはっは」
「閣下、その馬鹿笑いは私の要請に応える術がないということで?」
「だーっはっはっは」
何たることだ。何たることだ!何たることか!!黒猫ドイツ帝国はおろか、ぎ印ドイツ帝国までもがセーブデータをスクラップ&スクラップとは。馬鹿過ぎる。ダブルで馬鹿過ぎる。ゴルビ犬は激しいめまいを堪えつつ、総統閣下に尋ねるのだった。
「…閣下、いったいなぜそのようなことに」
「いやね、エイリアン国家を出現させられるなんて聞いたもんだから、日付遡ってちょっとそれで遊んでみたんだな。挑んでは敗れ挑んでは敗れのいやー強いねえ、まではよかったんだが、その状態で最新データに上書きセーブしてしまっての…」
ゴルビ犬はため息を押し殺しつつ、わずかな可能性に光明を見出さんとした。
「最新でなくとも、直近ないしは数ヶ月前のデータは残ってないのですか?」
「ないね。多少なりともロード時間を短くせんと、無用なデータは逐次削除しておったんじゃ。うわっはっはっは」
犬は最後の望みにすべてを託した。
「…バックアップは?」
「そんなもんわしがやると思うか?」
「…思いませんな」
「うむ。そういうことじゃ」
哀れな犬の一縷の望みは一刀の下に絶たれるのであった。遠吠えを堪えながら、ゴルビ犬は健気に尋ねた。
「事情はわかりました。…して、今どこら辺なのです?」
「1942年の初頭じゃ」
ため息混じりに、犬は尋ねるともなしに言った。
「まったく同じ経過を辿ってることはあまり期待しない方がよいのでしょうな」
「このゲーム、同じプレイはないものと思え」
今や諦観の犬は静かに聞いた。
「では今度の歴史で、具体的に何がどう変わったのです?」
「まあ大して変わらんよ。欧州の主要地域はほぼ制覇。イギリスめとフランスめは欧州の本陣から叩き出したし、ソ連も講和という名の敗北にどうにか追い込んだ。前と違うのは、連合を寝返ったイラクがわしらと同盟、狂ったシリアとレバノンが連合どもと戦争状態かつわしらと友好。ラトビアとウクライナは早々に独立してわしらの軍門、あと日ソ戦は勃発せず、アメリカめがアイスランド&グリーンランドを占領統治、そんなとこじゃな」
ゴルビ犬は夢の「ゴルビスタン帝国」建設の日がはるか遠くに去るのを感じた。
「かなり違うようですが…。閣下、今後これまでの経過とどうやって整合性を出すおつもりです?」
「目標は同じじゃ。逝き着く先は変わらん。微妙になるのは日付けくらいじゃ。なので最新のリプレイまではこのまま変更なし。リプレイの続きはアフリカ大陸掌握以降となる。だから猫めのとことのザッピングも現行ままでよい」
その時、浮かぬ顔の犬の目がきらーんと光った。
「そういえば閣下、黒猫の件でもうひとつ情報が」
総統閣下は大仰に手を振り、犬を制した。
「まあ待て。今わしは曲の素案を録ってる最中なんじゃ。終わってからにせい」
偉大なるぎ印ドイツ帝国の総統は再びヘッドフォンを装着し、ギターのボリュームをゆっくりと上げるのだった。


黒い巨塔~2007年4月29日(黒猫暦:1940年10月19日

原則的にものぐさである総統閣下はミストーンもそのままに、すべてのトラックを1テイクで録り終えて早々にギターを放り出した。そして思い出したかのように退屈そうなゴルビ犬の方を振り向き、尋ねるのだった。
「聴いててどんな感じだったかの?」
「どうも何も、ここで聴こえるのは単音の薄い生音だけなのですが…」
「耳を澄ませば遥かなる神々の音色が聴こえてこよう」
「耳を澄ませば噛み合わぬ音色がかすかに漏れてましたな。その気になれば犬は耳がよいのです。ところで閣下、黒猫のもうひとつの件ですが」
「言ってみよ」
「“薔薇”から入電がありまして、彼奴に護衛が付いたとのことです。それも凄腕の」
Guicho Zurdoは片眉を上げ、犬を見やった。
「それは何者だ」
「国防軍から派遣された尉官クラスの人間のようですが、詳細は不明です。断片的に『枠』、『壁』、『鉄』、『山』、『拳』といったキーワードが散在してますが、これらが何を意味するかは現在のところ解明されておりません。加えて向こうの総統官邸内で盛んに『WAC』という略語が飛び交ってるようですが、関連は不明です」
総統閣下はデスクを拳で叩いた。
「ええい、“薔薇”はいったい何をしとるんじゃ」
「これでも期待以上の成果は挙げているのです。内部中枢までの侵入はさすがに無理難題ですからな。外堀で可能な限りの情報収集に徹するしかありますまい」
「むう、わしは『パパは何でも知っている』のパパよりも何でも知ってるが、護衛の話は初耳じゃの。…ふん、猫め。グラスゴーの一件で怖気づきおったか」
ゴルビ犬は小さくかぶりを振った。
「いえ、それとは別件のようですな。確証はないのですが、どうも彼奴は誰かに命を狙われてるようなのです」
「わしは命までは取らんわい。沸騰コーヒーでヒーヒー言わすくらいじゃ」
犬は再びかぶりを振った。
「閣下以外の誰かにです。これまた正体その他すべてが不明ですが。ソ連からの刺客も考えられますが、推測するに身内の人間に狙われてるのではないかと…」
総統閣下はしばらくの沈思の後、やがて口を開いた。
「現状、猫めに強力な護衛が付いてる以上、コーヒー・テロの実行は厳しいと」
「そういうことになります」
「しかし奴の護衛はわしの魔の手ではなく、別のヒットマンを警戒してると」
「仰せの通りであります」
「ということは件の護衛の注意は別方向を向いとるわけで、わしらの付け入る隙はまだあるということじゃな」
「はあ」
偉大なるぎ印ドイツ帝国の総統は、社長椅子にふんぞり返ると高らかに宣言した。
「これより1942年1月以降のプレイを再開する。リプレイ日時の失地回復に至るまでに、猫めへの嫌がらせの方法も考えるとしよう」
総統閣下はマウスのカーソルをHoI2のショートカットまで滑らすと、素早くクリックし、ゲームを起動させるのであった。

つづく。

ちょいと忙しい。 

しばらくの間、「コラコラ問答」でお楽しみください↓



引き続き、「コラコラ問答」でお楽しみください↓

とか思ってるよ(BlogPet) 

こないだ、leftyが
おそらくは宗教観とかの普段あまり馴染みのない項目で引っ張られたのだろうが、そもそもがあちらの【・価値の尺度の相違も鑑みずそのままやってしまおうというのが図々しい上に無理があったのだと思う。
とか思ってるよ。

*このエントリは、BlogPet(ブログペット)の「ぎ兎」が書きました。

きょうは中道に誤訳したかも(BlogPet) 

きょうは中道に誤訳したかも。


*このエントリは、BlogPet(ブログペット)の「ぎ兎」が書きました。

微妙だ。実に微妙だ。 

どうなのか(クリックで拡大可)

political-compass.jpg

毛唐スタンダードの政治度テストにおける私は、「ほとんど中道微妙に経済左派兼ちょっぴり権威主義」とのこと。ほぼ直球ど真ん中ストレート。その実態はどっちつかずのコウモリスト。
この環境を日本に置き換えた場合なら、「ちょびっと右の経済中道やや社会的右派要するに中途半端に保守系」というあたりかしら。
むー。やはり微妙だ。もうちょい針が右上に振ってもいいような気がしたんだが。まあいいや。今度別のでやってみよう。


上記、経過はコチラにて。

あれから2年が経ちました。私も大人になりました。 

ということで、久々に「Political Compass」でもやろうと思う。2年余ぶりのチェックで多少は違う私がここにいるかしらという仄かな期待である。猛烈に薄い期待だが。
ただこのテの毛唐謹製の「あなたの政治的立ち位置教えてやろう」テストというのは、日本人がやるとどうも“中道周辺リベラル左派”な傾向が出やすい様子。以前、杉氏とか保守傾向の強い御仁を数名巻き込んでやったことがあるが、いずれも似たような左チックな中道という立ち位置に陥った記憶がある。おそらくは宗教観とかの普段あまり馴染みのない項目で引っ張られたのだろうが、そもそもがあちらの文化・価値の尺度の相違も鑑みずそのままやってしまおうというのが図々しい上に無理があったのだと思う。
などと言ってしまったら身も蓋もないので、中道周辺リベラル左派を標準仕様と考え、今自分はそこからどこまで上下左右に位置するのかを再トライである。

下記に設問の拙訳載せますので、興味あるあなたもレッツトライ。


【その前に留意点】

一部意訳ありますので、原文を読解しつつ、拙訳を参考として答えていくのがベストかと思われます。
回答は「Strongly Disagree(激しく否定)」、「Disagree(否定)」、「Agree(同意)」、「Strongly Agree(激しく同意)」の4段階で、「どちらともいえない」がありません。微妙な設問も多々あるかと思われますが、近い方を選択してください。
関連して、文化・国情的な相違から馴染みのない設問もありますが、それが身近にある場合を想定して考えてみてください。
それとは別に何じゃこりゃな設問もありますが、必ず裏の意味があるので、設問の意図がよくわからなくても、ひとまず感じたことを選択してください。

※明らかな誤訳あらばご指摘ください。

1項目

経済の国際化が必然な場合、それは多国籍企業の利益よりも人間性を優先すべきである。

正しかろうと間違っていようと関係なく、常に自国を支持する。

誰も自分が生まれた国を選ぶことはできないので、自国を誇りに思うのは愚かなことである。

私たちの人種は他人種と比較して優秀である。

敵の敵は味方である。

国際法を無視した武力行使も時には正当化されるべきである。

「情報」と「娯楽」の厄介な混同がある(ニュースのワイドショー化)

2項目

人々は結局、国籍より階級によって分割される。

インフレの抑制は失業の抑制より重要である(失業対策よりもインフレ対策)

企業の自主的な環境保護は信用できないため、規制が必要である。

「人それぞれの能力に応じて、人それぞれの必要性に応じて」という考えは基本的によいものである。

私たちの社会で、飲料水が瓶に入った商標付きの消費製品としてブランド化され、それが一般化していることは悲しい現実である。

土地は売買される商品であるべきではない。

多額の個人財産が、単に金を操作しているだけの社会貢献のない人々によって作られていることは残念である。

交易において、保護貿易は時々必要である。

企業の唯一の社会的責任は、利益を株主に還元することである。

裕福層への課税が非常に高い。

支払能力がある場合は、より高度の医療が受けられる権利を有するべきだ。

政府は国民を欺くビジネスを罰するべきである。

本当の自由市場では、寡占的な多国籍企業の独占を可能とするその能力を制限するべきだ。←※ちょっと意訳過多かも。

自由な市場であるほど、人々はより自由になる。

3項目

母体の生命が保証されない場合も、中絶は常に非合法であるべきだ。

すべての権威は疑問視されるべきである。

目には目を、歯には歯を。

商業ベースで生き残ることができない劇場や博物館の支援を、納税者は期待するべきではない。

学校は出席を強制すべきではない。

すべての人は権利を有するが、私たちと異なった種類の人々は、彼ら自身で身を守ることがすべてにとってよいことである。

よい両親は、時には子どもを叩く必要がある。

子どもが両親に言えない秘密を持つことは当然である。

マリファナは合法化されるべきである。

学校教育の主要機能は、仕事を見つけるための次世代を備えることである。

重大な遺伝的障害がある人は生殖活動をするべきではない。

子供が学ぶべき最も重要なことは、規律を守ることである。

野蛮人と文明人との相違はない。 : 文化の違いである。

労働が可能であっても、その機会を拒否する人々は社会支援を期待すべきではない。

困っている時はそれについて考えるのではなく、より楽しいことで忙しくしている方がよい。

移民一世は、彼らの新しい国に完全に溶け込むことはない。

最も成功した企業にとってのよいことは、結局私たちにとってのよいことである。

放送(局)は、その内容がどんなに独立したものであっても、公的資金を受けるべきではない。

4項目

私たちの市民的自由はテロ対策の名の下に過度に制限されている。

一党独裁国の重要な利点は、民主的な政治体制における議論による進歩の遅れを回避できるという点である。

電子時代は監視をより簡単にしたが、そのことを心配するのは犯罪者だけでよい。

死刑は最も重大な犯罪のための選択肢(のひとつ)であるべきだ。

文明的な社会では常に、人は従わなければならない上の者がおり、命令できる下の者がいる。

芸術性を何も表さない抽象芸術は、芸術と考えるべきではない。

刑事裁判では、罰は更生よりも重要であるべきだ。

犯罪者を更生させようとするのは時間の浪費である。

ビジネスマンと職人は、作家と芸術家より重要である。

母親は仕事を持っても、主たる一番の役割は主婦であることだ。

多国籍企業は、非論理的(不当)に発展途上国の植物資源を搾取している。

体制と折り合いを付けることは、(人格の)円熟の重要な一場面である。

5項目

占星術は多くのことについて正確に説明している。

信仰を持たない者が、道徳的であるはずがない。

慈善事業は、困窮者を助ける手段として社会保障よりもよい。

生まれつき不運である人々も存在する。

宗教的価値を教育しない学校には自分の子供を通わせたくない。

6項目

通常、婚前交渉は不道徳である。

刹那的ではなく、安定した愛し合った関係を持った同性愛者カップルは養子を受け入れることを認めてよい。

同意した成人のポルノについては、成人が観る分には合法であるべきだ。

同意した成人同士の個人の寝室で起こることについて、政府は介入すべきではない。

誰も自然に同性愛者になった者はいない。

社会が性に関してオープンになることはよいことだが、最近その度が過ぎている。


さて、私の結果は後ほど。

きょうleftyで(BlogPet) 

きょうleftyで、作家破壊したかも。


*このエントリは、BlogPet(ブログペット)の「ぎ兎」が書きました。

この超さりげない貶め方に、私は朝日伝聞の香ばしさを嗅ぎ取ってやまないのである。 

われらが石原先生の肩書きなんですけど、先生以下の「歩」どものそれと比較するに、どうしても納得がいかんのですよ

石原 慎太郎 作家
浅野 史郎 〈元〉宮城県知事
吉田 万三 〈元〉足立区長

石原 慎太郎 作家
石原 慎太郎 作家
石原 慎太郎 作家


どうなのか。


そういやスクラップ&スクラップの破壊者外山先生、大健闘じゃないですか。どうでもいいけど。

さてと、石原さんの信任投票でも逝ってくるかな♪ 

東京都知事選挙。まがりなりとも日本の帝都の首長選である。本来であらばニューヨークやロンドン、あるいはパリなんかの首長選と同等、ないしはそれ以上の重要性やら価値的なものがあるわけで、したがってその頂のふかふかソファーにふんぞり返って神の見えざる屁を放たんとする候補者というのも、それなりなクオリティがあって然るべきなのだ。貧乏人や馬鹿は出るべきではない。お前らには参院選というありがたい場があるじゃないか。駄目駄目泡沫フェスティバルはそこでやるべきだ。参院選の存在意義とはそのためにある。
ところがだ、今回の都知事選、いざそこに並んだ雁首どもの実態は目も当てられない。節操のない元官僚に赤い歯医者に狂った建築家、発明家に道楽者、果てはキチガイな音楽家に占い師に小山遊園地である。どうなのか。ふくろう先生や行列のできる弁護士が早々に敵前逃亡したのはせめてもの救いだ。まあ変なのがふたり消えたとこでたいして変わらんけど。
それにしてもひどすぎる。もうちょいマシな駒があってもよさそうなもんなんだけどな。これではオール「歩」だろ。せめて「香車」くらいないのか。しかもそんな「歩」揃いの候補者どもが各個てんでばらばらに石原大先生の牙城に挑もうというわけだ。無茶するな。お前ら「歩」だぞ「歩」。ピンで「飛車」をどうにかしようったって勝てるわけねえだろ。それこそスクラップ&スクラップだ。
しかしまあなんでこう駄目なのが揃っちゃったかね。帝都のボスの椅子ってばそんなに魅力ないのかしら。あるいは今この状況下で石原先生に挑むは愚の骨頂と見越して今回は流したとか。確かにその方が賢明といや賢明だ。定見ある者は静かに時を待つか。それなら次回の帝都選の顔ぶれに期待しようかね。ずっと先だけどさ。

何はともあれ、石原先生にはあと4年ほどおめめパチパチショボショボしてもらいましょう。

レッツ信任投票。

今、NHK時計とやらが大変おしゃれだ。 

←ついカッとなって入れてみた。

だからどうということはない。

いつも(BlogPet) 

いつも、leftyは
パリの街を闊歩していたドイツ兵たちが足早にそこを去って行く中、しかしブルナーは踏み留まって相変わらず職務にそうしていた。
とか書いてた?

*このエントリは、BlogPet(ブログペット)の「ぎ兎」が書きました。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。