スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【ひとりぶらりこ企画】 帝国時代の残光を辿る~横須賀・猿島編(その3) 

猿島編:その1
猿島編:その2

※一部写真はクリックで拡大可(640*480)


【開かずの扉】

発電所のそばを通り過ぎ、微妙な勾配の微妙なカーブの坂道を上りながら、小山を切り崩して造ったという“切り通し”の幹道へと向かう。
切り通しこの露天掘りの幹道、元々は砂利道か土道の素朴なものだったのだろうが、今は石畳と手すり付きの木板を敷いて馬鹿丁寧に整備されている。個人的にはこういう余計なことをするんじゃないとも思うのだが、まあここを観光用地として活かしたい部分もあろうて、いくらか手を加える必要はあったのだろう。…だろう。…だろう。
この切り通しの擁壁となっている石積は、角柱状の「凝灰岩切石」が用いられている。この切石は房総半島西岸で採取された房州石で、裏込めには猿島の海岸に落ちている凝灰石を積み上げ、モルタルを流し込むという工法を採っている。石積は後述する煉瓦と同じく、水平方向のひとつの段に小口と長手の石が交互に現れるという「フランス積み」と呼ばれる積み方で造られている。
兵舎切り通しの坂道に沿った右側(東側)には、坂の頂上に至るまで間隔を置いて、煉瓦造りの入口の兵舎と弾薬庫がふたつづつ交互に並んでいる。アーチ状の入口の両脇に小窓が付いているこの建物は兵舎であり、小窓がないものは弾薬庫として使われていた。

弾薬庫そしてこちらは小窓がない方、すなわち弾薬庫。この部屋の奥隅には、「揚弾井」と呼ばれる井戸のような縦穴が開いており、これを使って真上の砲台へと弾薬を運んでいたという。また、弾薬庫の真上の土地では、地下の弾薬庫と連絡を取るための円形の土管を利用した「伝声管」も見つかっている。ほら、昔の船のクルーがパイプ管に向かってごにょごにょ言うシーンを映画か何かで観たこともあろう。そう、あの類だ。
現在、これらの兵舎や弾薬庫の入り口はフェンス、ないしは板によって塞がれているため、内部に入ることはできない。中に入って何か悪さする輩を防ぐためというのもあろうが、内部崩落の危険防止というのがいちばんの理由だろう。この島は1923(大正12)年の関東大震災によって施設群が損害を受けたという経緯があるのである。もちろん、後の防空砲台構築に向けた再利用のために修復・復旧させた箇所もあろうが、そのまま放置の箇所もまたあるのだ。
さあ、ではそんな開かずのフェンスの先は今いったいどんな具合なのだろうか。珍しくフラッシュとやらでも焚いて撮ってみようじゃないかうわっはっはっは。
弾薬庫内部2弾薬庫内部…まあこんな具合だ。

中はアブナイ。うむ。

さて、この各部屋の入口を彩る煉瓦造りのアーチ。周囲の石積と同じく、煉瓦の積み方は「フランス積み」となっている。
おお、煉瓦よ煉瓦。フランス積みの煉瓦どもよ!そうだ諸君、私はこれを見るためにはるばるここまで来たのである。


【その煉瓦、仏流につき。】

西洋建築材料である煉瓦が、日本の建築物や構造物に使用されるようになったのは幕末以降になってからである。最初に日本で製作された煉瓦は、1857(安政4)年に長崎海軍伝習所の技術教官として来日したオランダ海軍の技術将校、ヘンドリック・ハルデスが焼いた「ハルデス煉瓦(こんにゃく煉瓦)」で、次が横須賀製鉄所の煉瓦とされている。建築物としては幕末期の反射炉(砲身製造用の溶解炉)が最初とされ、初の煉瓦工場は1870(明治3)年に大阪府堺市に設立された。
小口積み

※上:「小口積み」、下段左より:「フランス積み」、「イギリス積み」
フランス積みイギリス積み煉瓦の積み方は一般的な「小口積み」や「長手積み」をはじめ数種類あるが、ここ猿島要塞の場合は「フランス積み」と、1887(明治20)年頃から主流となった「イギリス積み(狭義のオランダ積み)」のふたつの積み方に分かれる。
フランス積みとは、水平方向のひとつの段に小口と長手の石が交互に並ぶ積み方である。ベルギー西部からフランス北端にかけての北海沿岸、フランドル地方で発達した積み方のため、正式には「フランドル積み」という。
それに対しイギリス積みは、小口の石だけの段と、長手の石だけの段が交互に重なる積み方をする。ちなみにイギリス積みとオランダ積みは基本的に同じであるが、角周りの積み方に違いがあるという。
猿島のフランス積みの煉瓦は、1884(明治17)年に竣工した猿島砲台の本体、先ほどの弾薬庫や兵舎、トンネルなどに見られ、イギリス積みの煉瓦はその後の増設施設、電気灯機関舎(発電所)や第二砲台司令所付属室などに見られる。つまり、「その2」編で取り上げた発電所は1895年(明治28)のため、イギリス積みによる建築物ということである。
フランス積みの煉瓦建造物はもともと数が少なかったこともあり、現在ではこの猿島要塞も含め、「長崎造船所小菅ドック」、「アメリカ海軍横須賀基地内倉庫(旧横須賀製鉄所・ドライドック)」、「富岡製糸場」の4ヶ所が確認されているのみである。


【猿島煉瓦物語】

フランス積煉瓦そんな猿島の煉瓦は、「東洋組西尾分局士族就産所(愛知県西尾市)」、「小菅集治監(東京都葛飾区)」で作られたものである。
東洋組とは、明治維新後に士族授産(元侍の救済)を目的として明治15(1882)年頃設立された窯業会社で、西尾分局(愛知県西尾市)と刈谷分局(同刈谷市)などがあり、煉瓦、瓦、セメントなどを生産していた。東洋組の製品は皇居御造営、陸軍省、東海道本線などへ納入された。そして猿島では、1881(明治14)~1884(明治17)年に作られたフランス積みの建造物にその煉瓦が使用されている。
西尾分局は明治18(1885)年に天工社と改称しているため、西尾分局の刻印のある煉瓦の供給期間は、ほぼ猿島要塞の起工から竣工時期と重なっている。
一方、小菅集治監は煉瓦を製造していた盛煉社の施設群が1878(明治11)年に買い上げられて拘置所となったもので、以降関東大震災で施設群が打撃を受けるまで、囚人労働として煉瓦が焼かれていた。
「集治監」は内務省直轄の刑事施設として、府県の管轄する地方監獄とは別に設置され、長期刑の国事犯や政治犯を収監するための監獄施設である。小菅集治監は中央監獄として国内で最初に設置された集治監(もうひとつは宮城収治監)で、そこで作られた煉瓦は「囚人煉瓦」とも呼ばれ、集治監製であることを示す「桜」のマークが刻まれているのが特徴となっている。
小菅の囚人煉瓦は東京湾要塞のほとんどの施設で使用されているほか、銀座の煉瓦街にも使用され、大山史前学研究所(大山柏邸)跡地などでも出土している。
道中、横倒しになっていた煉瓦の柱の残骸を検めてみたのだが、残念ながら刻印の発見までには至らず。残念賞。内側にあるのだろうか。

坂道を登りきって少し進んだところで、ひとまず切り通しの幹道は終わりとなる。その最後を飾るのはこの物件である。
便所1便所2…便所跡である。

そこを過ぎるとカーブの緩やかな下り坂となり、その先にはトンネルが待っている。

猿島上空2-a


つづく。

スポンサーサイト

コメント

夏場に行ったPKA氏によれば、海は汚く人大杉のモヨウ。
黄金週間も避けるが吉の予感。

へー

3行以上をPCで読むのは得意ではないσ(・ω・Me)だが(本は好きだ)、面白く読んだ。

レンガ壁の家に住みたいという母の影響もあって、レンガの積み方はとても面白かった。

電車で行くと、駅から結構歩くのねぇ。
多分行った事はないと思うのだが・・・
海、きれいね。写真で見るとw
GWにでも行ってみようか?
果たしてやる気が起きるのかが謎であるが、電車にさえ乗れば大丈夫だ!

非常に興味を持ったので、珍しく長いコメントである。

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://poorsox.blog84.fc2.com/tb.php/125-83eb30d7

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。