スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【実録・国会劇場】 江戸っ子・吉田茂の「馬鹿野郎」 

吉田茂(内閣総理大臣) vs 西村榮一(社会党) 

@衆議院予算委員会・昭和28年2月28日


【Round 1】
(((カーン)))

西村:…過日総理大臣が、国際情勢は今楽観すべき状態にあるという施政演説をなさったのであります。私はこの政治感覚を本当に日本の施政の上に適用されるかどうかということを考えますと、これは明確にしておかなければならぬと思うのでありますが、総理大臣が過日の施政演説で述べられました、「国際情勢は楽観すべきである」という根拠はいったいどこにお求めになりましたか。

吉田:私は国際情勢は楽観すべしと述べたのではなくして、戦争の危険が遠ざかりつつあるということをイギリスの総理大臣、あるいはアイゼンハワー大統領自身も言われたと思いますが、英米の首脳者が言われておるから、私もそう信じたのであります。これは最も戦争か平和かという衝に当たっておる当局者の言うことであって、相当な根拠があって言っておることであろうと考えましたが故に、戦争の危険は遠のきつつある。こう私は信ずる。こう申し上げたのであります。

西村:私は日本国総理大臣に国際情勢の見通しを承っておる。イギリス総理大臣の翻訳を承っておるのではない。あなたの国際情勢を楽観すべきであるという根拠は、イギリス総理大臣チャーチルの演説において採られたというのであります。アイゼンハワー元帥は就任以来楽観説を言っておりません。同時にアイゼンハワー元帥が大統領に就任いたしまして以来、公式声明は国際情勢の緊迫を力説しておるのであります。同時にアイゼンハワー元帥が当選して就任いたしまして以来、チャーチルの言動は変わって参りました。チャーチルはアイゼンハワーが大統領に就任いたしまして以来、国際関係は楽観すべきであるということはどこにも言っておりません。同時に私はここに問題になるのは、なるほどヨーロッパの情勢は楽観すべく、一応の危機は緩和したかも知れません。しかしながらその危機の険悪な焦点は朝鮮に移って来て、世界の危機は朝鮮にその焦点が絞られて来ておる。そこで私は大臣にお尋ねしたいのであります。イギリスの総理大臣の楽観論あるいは外国の総理大臣の楽観論ではなしに、ヨーロッパは緩和したが、朝鮮の問題を中心にいたしまして、風雲は極東に移りつつあるということを素直に考えて、これに対して日本国家としてはいったいどうするのであるかということを、1953年の初頭に際して、日本の総理大臣に日本国民は問わんとしておるのであります。私は現国際情勢というものを素直にご覧になって、しかもわが隣国朝鮮に国際危機の焦点が移っておる、その中に立っていったいわれわれはどうするのだということを、日本の総理大臣に国民が問おうとしておるのでありますから、私はこれに対して、やはり日本の総理大臣としての国際情勢の見通しとその対策をお述べになることが当然ではないか、こう思うのであります。

吉田:ただいまの私の答弁は、日本の総理大臣としてご答弁いたしたのであります。私は確信するのであります!

西村:総理大臣は興奮しない方がよろしい。別に興奮する必要はないじゃないか。

吉田:無礼なことを言うな!

西村:何が無礼だ!

吉田:無礼じゃないか!

西村:質問しているのに何が無礼だ!君の言うことが無礼だ。国際情勢の見通しについて、イギリス、チャーチルの言説を引用しないで、翻訳した言葉を述べずに、日本の総理大臣として答弁しなさいということが何が無礼だ!答弁できないのか、君は…。

吉田:…馬鹿野郎。

…馬鹿野郎。
…馬鹿野郎。
…馬鹿野郎。


西村:何が馬鹿野郎だ!馬鹿野郎とは何事だ!!これを取り消さない限りは、私はお聞きしない。議員を捕まえて、国民の代表を捕まえて、馬鹿野郎とは何事だ!取り消しなさい。私は今日は静かに言説を聞いている。何を私の言うことに興奮する必要がある。

吉田:…私の言葉は不穏当でありましたから、はっきり取り消します。

西村:年70過ぎて、一国の総理大臣たる者が取り消された上からは、私は追究しません。しかしながら意見が対立したからと言うて、議員を馬鹿野郎とか無礼だとか、議員の発言に対して無礼だとか馬鹿野郎とかと言うことは、東条内閣以上のファッショ的思想があるからだ。静かに答弁しなさい。

(((((カンカンカンカン)))))


【試合結果】

吉田茂:反則負け。懲罰動議、内閣不信任案を出され、衆議院解散。

西村榮一:反則勝ち。精神的敗北。

2月28日:「バカヤローの日」となる。

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://poorsox.blog84.fc2.com/tb.php/131-836c4f1d

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。