スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

あれから2年が経ちました。私も大人になりました。 

ということで、久々に「Political Compass」でもやろうと思う。2年余ぶりのチェックで多少は違う私がここにいるかしらという仄かな期待である。猛烈に薄い期待だが。
ただこのテの毛唐謹製の「あなたの政治的立ち位置教えてやろう」テストというのは、日本人がやるとどうも“中道周辺リベラル左派”な傾向が出やすい様子。以前、杉氏とか保守傾向の強い御仁を数名巻き込んでやったことがあるが、いずれも似たような左チックな中道という立ち位置に陥った記憶がある。おそらくは宗教観とかの普段あまり馴染みのない項目で引っ張られたのだろうが、そもそもがあちらの文化・価値の尺度の相違も鑑みずそのままやってしまおうというのが図々しい上に無理があったのだと思う。
などと言ってしまったら身も蓋もないので、中道周辺リベラル左派を標準仕様と考え、今自分はそこからどこまで上下左右に位置するのかを再トライである。

下記に設問の拙訳載せますので、興味あるあなたもレッツトライ。


【その前に留意点】

一部意訳ありますので、原文を読解しつつ、拙訳を参考として答えていくのがベストかと思われます。
回答は「Strongly Disagree(激しく否定)」、「Disagree(否定)」、「Agree(同意)」、「Strongly Agree(激しく同意)」の4段階で、「どちらともいえない」がありません。微妙な設問も多々あるかと思われますが、近い方を選択してください。
関連して、文化・国情的な相違から馴染みのない設問もありますが、それが身近にある場合を想定して考えてみてください。
それとは別に何じゃこりゃな設問もありますが、必ず裏の意味があるので、設問の意図がよくわからなくても、ひとまず感じたことを選択してください。

※明らかな誤訳あらばご指摘ください。

1項目

経済の国際化が必然な場合、それは多国籍企業の利益よりも人間性を優先すべきである。

正しかろうと間違っていようと関係なく、常に自国を支持する。

誰も自分が生まれた国を選ぶことはできないので、自国を誇りに思うのは愚かなことである。

私たちの人種は他人種と比較して優秀である。

敵の敵は味方である。

国際法を無視した武力行使も時には正当化されるべきである。

「情報」と「娯楽」の厄介な混同がある(ニュースのワイドショー化)

2項目

人々は結局、国籍より階級によって分割される。

インフレの抑制は失業の抑制より重要である(失業対策よりもインフレ対策)

企業の自主的な環境保護は信用できないため、規制が必要である。

「人それぞれの能力に応じて、人それぞれの必要性に応じて」という考えは基本的によいものである。

私たちの社会で、飲料水が瓶に入った商標付きの消費製品としてブランド化され、それが一般化していることは悲しい現実である。

土地は売買される商品であるべきではない。

多額の個人財産が、単に金を操作しているだけの社会貢献のない人々によって作られていることは残念である。

交易において、保護貿易は時々必要である。

企業の唯一の社会的責任は、利益を株主に還元することである。

裕福層への課税が非常に高い。

支払能力がある場合は、より高度の医療が受けられる権利を有するべきだ。

政府は国民を欺くビジネスを罰するべきである。

本当の自由市場では、寡占的な多国籍企業の独占を可能とするその能力を制限するべきだ。←※ちょっと意訳過多かも。

自由な市場であるほど、人々はより自由になる。

3項目

母体の生命が保証されない場合も、中絶は常に非合法であるべきだ。

すべての権威は疑問視されるべきである。

目には目を、歯には歯を。

商業ベースで生き残ることができない劇場や博物館の支援を、納税者は期待するべきではない。

学校は出席を強制すべきではない。

すべての人は権利を有するが、私たちと異なった種類の人々は、彼ら自身で身を守ることがすべてにとってよいことである。

よい両親は、時には子どもを叩く必要がある。

子どもが両親に言えない秘密を持つことは当然である。

マリファナは合法化されるべきである。

学校教育の主要機能は、仕事を見つけるための次世代を備えることである。

重大な遺伝的障害がある人は生殖活動をするべきではない。

子供が学ぶべき最も重要なことは、規律を守ることである。

野蛮人と文明人との相違はない。 : 文化の違いである。

労働が可能であっても、その機会を拒否する人々は社会支援を期待すべきではない。

困っている時はそれについて考えるのではなく、より楽しいことで忙しくしている方がよい。

移民一世は、彼らの新しい国に完全に溶け込むことはない。

最も成功した企業にとってのよいことは、結局私たちにとってのよいことである。

放送(局)は、その内容がどんなに独立したものであっても、公的資金を受けるべきではない。

4項目

私たちの市民的自由はテロ対策の名の下に過度に制限されている。

一党独裁国の重要な利点は、民主的な政治体制における議論による進歩の遅れを回避できるという点である。

電子時代は監視をより簡単にしたが、そのことを心配するのは犯罪者だけでよい。

死刑は最も重大な犯罪のための選択肢(のひとつ)であるべきだ。

文明的な社会では常に、人は従わなければならない上の者がおり、命令できる下の者がいる。

芸術性を何も表さない抽象芸術は、芸術と考えるべきではない。

刑事裁判では、罰は更生よりも重要であるべきだ。

犯罪者を更生させようとするのは時間の浪費である。

ビジネスマンと職人は、作家と芸術家より重要である。

母親は仕事を持っても、主たる一番の役割は主婦であることだ。

多国籍企業は、非論理的(不当)に発展途上国の植物資源を搾取している。

体制と折り合いを付けることは、(人格の)円熟の重要な一場面である。

5項目

占星術は多くのことについて正確に説明している。

信仰を持たない者が、道徳的であるはずがない。

慈善事業は、困窮者を助ける手段として社会保障よりもよい。

生まれつき不運である人々も存在する。

宗教的価値を教育しない学校には自分の子供を通わせたくない。

6項目

通常、婚前交渉は不道徳である。

刹那的ではなく、安定した愛し合った関係を持った同性愛者カップルは養子を受け入れることを認めてよい。

同意した成人のポルノについては、成人が観る分には合法であるべきだ。

同意した成人同士の個人の寝室で起こることについて、政府は介入すべきではない。

誰も自然に同性愛者になった者はいない。

社会が性に関してオープンになることはよいことだが、最近その度が過ぎている。


さて、私の結果は後ほど。
スポンサーサイト

コメント

永遠のガンジー先生こんばんは!

Economic Left/Right: -2.88
Social Libertarian/Authoritarian: -1.28

またガンジーおじさんの傍だyp!
('A`)y-~~

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://poorsox.blog84.fc2.com/tb.php/39-a18b7f5e

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。